私の子どもの教育方針を紹介します

子どもを教育するのはとても難しいですよね。
子どもがどのように育って行くかは親の教育だけでは決まりませんが、悩むものです。
同じ教育をしたとしても、周りの環境によって様々になると思います。
ですので、私は子どもには何事にも考えて行動させるように教育しています。
たとえ間違った事をしたとしても、その事に対して考えを持った上で行動できていれば、自ら褒めることができ、自ら反省出来るように育つと考えています。
子どもに考えて行動させることを身につけてさせるために私がしていることは、子どもが何か欲しがった時に、何故それが欲しいのかをプレゼンさせるようにしています。
子どもはお菓子がほしい、おもちゃが欲しいと言いますよね。
何も聞かずにダメとは言わず、何故欲しいのか、何故それを選んだのか聞くようにします。
そして、内容が薄ければ考え直すようにさせます。
そのうちに、自分で考えるようになります。
この考える事は、将来にもつながります。
ここで、私が注意していることは、子どもが考えた理由をしっかり聞くことです。
成長するにつれ、否定することも増やしますが、出来るだけ肯定してあげることで、考えることを楽しいと思わせるようにしています。