教育費はいつからどれくらい掛けますか

子供を持つと悩むのが教育についてです。
 幼児教育は年々加熱しており、就学前から様々な習い事をする事も普通になってきました。
 勉強系以外にも、水泳やダンスなど運動系の習い事も人気があります。
幼児期に習得することで成長した時に周囲と差がつく事を考えると、早くから良い教育をと親御さんが考えるのも当然かもしれません。
 しかしそれらには教育費というお金がかかります。
 あまりに早い時期から多くの教育費を使ってしまうことで、後に進学した時に手持ちが不安になる、という例も増えている事に注意が必要です。
 中高大学と進学するための資金を貯めるためには、親御さん自身が教育者になる事も必要です。
 一緒に本を読む、英語の歌を聴いてみる、ボール遊びをするなど、普段の遊びの中にも学びは隠れています。
 遊びながら触れ合いながらの教育は、お子さんの良い思い出にもなります。
 一番お金を掛けたい時期がいつなのかをはっきりさせておくことで、お金をかけたくない時期が見えてきます。
 周囲に流されるのではなく自分達がどうしたいのかを決める事で、教育費で後悔しない生活を送ることができるでしょう。